平成27年度の学校運営協議会の活動報告

みなさん、こんにちは、学校運営協議会です。

「学校運営協議会は、どんな活動をしているんですか?」についてお答えしたいとおもいます。

「学園が育てたい子ども像」について熱心に話し合っています。
杉並和泉学園の学校経営の方針を作るに当たり、「どんな子どもを育てて行きたいのか」「どんな学園にしたいのか」という大きな方向性を検討してきました。12月には、学校運営協議会メンバーのほかに、学校支援本部、PTA役員、教職員など50名以上が集まって話し合いを重ねました。


平成27年は、このような活動をしました。

平成27年10月14日 委員の任命状交付、予算や活動計画について検討

杉並和泉学園がCSとしてスタートしました。学校・地域・保護者が共に子どもを育てていきます。

平成27年11月18日 今後の活動計画や、学校評価アンケートに関する検討

毎年実施している学校評価アンケートの項目を、小中一貫教育の視点から再検討しました

平成27年12月16日 「杉並和泉学園の“子ども像”」をつくろう

保護者、地域の方々、教職員が8つのグループに分かれ、学園への期待、子どもたちへの思い、そして新泉・和泉地域の未来について、意見を出し合いました。

平成28年1月16日 12月に話し合った内容を整理・検討

12月の話し合いの結果を学校運営協議会に持ち帰り、項目ごとに整理して検討しました。

平成28年2月10日 学校評価アンケートの結果について検討

学校評価アンケートの結果を見ながら学園長に質問や提案を行いました。

平成28年3月9日 「杉並和泉学園の目指す子ども像」を議論

話し合う中で、3つのキーワードが浮かびあがってきました。
さて、それはいったい…?


平成28年3月発行の広報誌「CSニュースレター」から

杉並和泉学園 学校運営協議会
〒168-0063 東京都 杉並区 和泉 2-17-14
03-3322-4251 (代表)

サブコンテンツ

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031