6年生が「商品開発プロジェクト」を進めています。

12月10日金曜日、本学園の会議室において、6年生が設立した「会社」が販売する商品「エコバック」のデザインを決める審査会でプレゼンテーション(以下、プレゼン)を行いました。

このプレゼンは、小中一貫教育校である本学園の9年間を通したカリキュラムの中核をなす、キャリア教育の取組の一つとして、毎年、第6学年で行っている「商品開発プロジェクト=起業家学習(チャレンジ精神、創造性等の起業家精神や情報収集・分析力等の起業家的資質能力を商品開発・販売等の体験を通してはぐくむ学習)」の中で重要な意味をもつ学習過程となります。

当日は、本学園が日頃からお世話になっている、自ら起業し、活躍されている方やプロのデザイナー等の審査員の前で、会社の方針、保護者、地域の方からのリサーチをもとに作った商品のコンセプトやデザイン等を発表しました。今年は新型コロナウイルス流行の関係で様々な行事が縮小されているので、例年よりも時間をかけて商品コンセプト等を練り上げることができました。プレゼンも力強く、説得力のあるものでした。児童の質の高さに触発されて、審査員の方々からのたくさんの質問も出されました。(デザインのプロや会社を実際に経営されている方からは、時に厳しい指摘や意見もありました。)

その一つ一つの質問や指摘等に対し、6年生の児童たちは、「自分たちがどんな思いで作成したのか」「どんな理由でそのようなデザインとしたのか」等、一生懸命に答えていました。きっと、児童たちはその質疑応答からも、たくさん学んだのだと思います。(厳しい意見だからこそ得られるものもたくさんあったと思います。)

この審査により、各学級(模擬株式会社)の販売するエコバッグのデザインや価格等が決定し、販売準備が整います。

商店街等での販売の仕方は、新型コロナウイルス感染症の状況を見て、決定していく事となっています。

この学習活動を通して、学園の教育目標にある3つのC「Communicate」「Challenge」「Create」にかかわる力・精神等が磨かれていくことを期待しています。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28